Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラマまとめ好き.com

能登方言をまんで楽しみたい人!辻口博啓さんおすすめは語り部処

まれの製菓指導・辻口博啓さんが語る能登の魅力が満載

スポンサードリンク

私はこのサイト「ドラマまとめ好き」運営の中で「まれ」について書いていますが現在石川県に住んでいます、能登は石川県でいいうと北へ張り出した半島はもはや富山県に近い感じがしていました

NHKの金沢放送局「まれ」ご当地サイトを覗いてみましたところ、能登出身の、ここで辻口博啓がふるさと・能登について詳しく語っています

ここで能登弁に興味があってもし能登に来られて能登弁について会話や能登の歴史や地元についてお尋ねになりたい方へ

辻口さんの地元である七尾市(輪島へ行く途中にあります)一本杉町にはお店のご主人や女将さんや従業員と地元の言葉で会話を楽しめる語り部処というのがあるそうです

目印に語り部処という暖簾(のれん)があるそうです

金沢弁や能登弁は福井県から来た遠所もん(えんじょもんとはよそ者の事)が聞くと共通しているのが柔らかい言葉だと感じています、最初に金沢に来た時には何語?を話しているのか、さっぱりわかりませんでした

耳になじんでくると、言っている事がなんとなく解ってきて、上品な言い回しをする土地だと思いました

●ブームの予感?輪島ことば①
まんで・・・・・意味はとても、すごくたくさん、まれの出演者や制作スタッフが気に入った輪島ことばとして最初にあげています

方言指導の塩山誠司さん(輪島市出身)が制作側に「じぇじぇ」のようなインパクトのある言葉はないか?と尋ねられて最初に答えた単語だそうです

わたしもまんで気に入っています。能登の七尾出身の50代の友人が普通に会話する時にやはりこのまんでを連発していてとてもなじみのある可愛らしい言葉だとおもっていました

この「まんで」はまれ役の太鳳ちゃんも好きだといっているそうです

監督さんも破壊力があるねと言われたそうで、台詞にも意識して入れているそうです

聞こえ心地が良くて使いやすい言葉なのできっとみなさんにも受け入れられる言葉になると思います

今の若者達は関西風の言葉である「めっちゃ」(すいません私も連発していました)をよく使いますが「まんで」で「めっちゃ」に取って代わっても不思議はないはずと期待を寄せているそうです

私も別に石川に在住していなくても能登の「まんで」はとっても気に入っています

●ブームの予感?輪島ことば②
ほやさけ・・・・だから、まれの幼なじみの一子役の清水富美加さんや寺岡みのり役の門脇麦さんらのイチ押しです
東京生まれの東京育ちである清水富美加さんは『「だから」というよりも、あたりが柔らかくて好感が持てるそうです

方言に憧れがあったそうで、新鮮だし、何よりも可愛いとか
家族とか友達とおしゃべりする時についつい「ほやさけ~」「ほやし~」って出ちゃうくらいです』と清水富美加ちゃんが笑顔で語ってくれました

●ブームの予感?輪島ことば③
だら・・・・ばか、あほ、とこの言葉を挙げてくれたのは稀の幼なじみで紺谷圭太役の山﨑賢人さんです
山﨑さんは「きつめに聞こえる『ばか』より、やわらかい響きがいいそうです
日常会話で自然に出て来る時もあって、家族や友達から「いま圭太になっていたよ」っていわれたりするそうです

「だら」から派生した「だらぼち」「だらぶち」も「なんとなく愛情がこもっている」として、お気に入りだそうです

ちなみに石川県根上市出身の元野球選手の松井秀喜さんが石川県に里帰りした時にたまたま車の運転をして
その時どうしてなのか理由は分かりませんが、前を走る車がノロノロ運転をしていたそうです(事情は分かりませんが)あまりに遅かったので
さすがの松井さんも「だらんねぇけぇ」とムットして口にだしたそうです

訳すると「だらんねぇけぇ⇒だらでないか?⇒ばかじゃないの?」です、金沢県人独特の言い回しですね

スポンサードリンク


ちなみに山崎賢人さんが「だら」の派生についても語ってくれていますが金沢では「だら」(ばかのこと)
富山県では「だら」⇒「だ~ら」少し怒って言う時には⇒「だらぶち!」と「だらぶち」が英語で言う最上級に変化します

能登弁(のと)ではだらくそダラクソ)ばかにクソがついてこれがかなり怒った時に使うようです

福井県では「だら」はだらしないという意味で、バカとしては使いません「だら」が派生して「だらな~」があります

●ブームの予感?輪島ことば④
ちきね~「疲れた」です、稀の弟の一徹役の葉山奨之さんらが好きな言葉としてあげています

能登弁指導の塩山さんも「加賀方面の人ひは耳慣れない、能登ならではの方言の一つではないでしょうか?「あ~まんでちきねぇ~」などとつかってもらえると嬉しい」とイチ押しです

福井県では「てきねぇ~」というと病気だという意味あいで使います

まれは横浜の元町という横浜一の繁華街に暮らしてもなお能登弁を使い続けているのがえらい!
普通は都会に出ると自分の言葉が訛っているというのを意識させられます

すると言葉を発せなくなってしまうのもなのですが、まれちゃんは未だに能登弁を通しています

言葉についていじる人もいないようですが、能登が最高だと自分の生まれ育った地元を大切にしている事が伺えますね
まれちゃんにはドラマの中では標準語でなく、ずっと能登弁で話して欲しいと思います

スポンサードリンク