Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラマまとめ好き.com

第20話4月26日(火)とと姉ちゃん神社で地面に座る星野に出会う三姉妹

朝ドラ・富岡八幡の境内で不思議な実験をする星野に出くわすが何やら実験中だとか、その内容に引いてしまいます

森田屋は大忙しの仕出し屋さんでした
星野は一体何の実験をしているの?
森田屋で役に立てないを悩む君子
三姉妹は必死に手伝います

スポンサードリンク

早朝には宗吉達が市場へ材料の買い出しに行っていいる間に、君子や常子達は炊飯や煮物などの調理を始めます
料理の下ごしらえをするのでした

材料が届いて料理ができるようになると丁寧に弁当箱に盛りつけます
詰め終えた弁当はリヤカーで配達します
配達の仕事が終わると今度は午後からは後片付けが待っています
翌日の仕込みや弁当箱の引取と米屋や乾物やへの注文など作業は夕方近くまで続きます

さらに常子と鞠子は編集試験に向けて夜遅くまで勉強せねばなりませんでした
近所の寺に配達に行った時に常子と鞠子は境内の一角で倒れている青年を見つけたのでした
心配してかけよる常子と鞠子

彼の名前は星野武蔵(ほしのたけぞう)
帝国大学で植物の研究をしている学生です
大真面目に熱く植物を語る星野武蔵(ほしのたけぞう)は「奇妙な人」という印象しか持たない常子でした

ところがその青年は地面へはいつくばって植物の観察をしていただけでした
どうやら植物に水をやらない実験をしている最中だと言います
なんでも植物はかこくな条件下で育てると生命力を高めるのだといいます
そのふうがわりな様子に引いてしまう常子でした

鞠子は興味津々でしたが常子は鞠子の手を引いてその場を立ち去るのでした

一方君子は一日も早く森田屋の役に立ちたいと懸命に働きます
どころが空回りばかりしてしまいます
君子が手間取る間に次々と先回りする照代に仕事を片付けられてしまします

君子は自分のふがいなさを嘆く毎日なのです
まだなれない常子と鞠子にもそう吉の冷たい視線が突き刺さるのでした

スポンサードリンク