Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラマまとめ好き.com

新次郎のお見舞いに懐かしい面々が次々と登場します

朝ドラ「あさが来た」最終回週・あらすじ・ネタバレ・寝込んでいるとの噂を聞きつけて加野炭坑からは宮部や親分の次郎作、など懐かし人達が久しぶりによぼよぼになって登場します、みんな年を重ねてしまいました

寒さが厳しくなるにつれ、新次郎は読書などして家で静かに時を過ごすようになりました
新次郎が寝込んだという噂があっと言う間に広まりました
新次郎の砂時計の砂の残量が気になります

スポンサードリンク

多趣味なだけあって、三味線、お茶、謡の仲間やかつての旦那衆などが、入れ代わり立ち代わりやって来ます

寒いさかい外出んのがおっくうなだけやゆうのに、こない心配してもろて、いっそ病にならなぁあかんぐらいだすわ
新次郎は見舞い客と談笑しながらおどけて見せました

・時には異色の客も現れます
きさん誰な?いいけ、はよ通さんか!
威勢の良い声とともに祐作を押しのけながら入ってきたのは、かつて加野炭坑を仕切っていた親分の次郎作です

治郎作はかなり体を悪くしていて、一緒に来た宮部に支えられながら歩いています
宮部は亀助からの手紙を読んで、新次郎が寝込んでいると知り、びっくりして駆けつけたのだといいます

長いことお世話になったちゅうのに見舞いの一つでもせな言うとったら、親分までついてくるちゅうて、ほんな事困ったことですたいうるさがろうが

治郎作がてれ隠しに無愛想に言いました
久しぶりに顔を揃えたあさ、新次郎、亀助、宮部は炭坑での出来事や近況などを語り合いました

うちはあのヤマでようようお商売いうのの事知った気ぃします
それまでのあさは困難はあっても老舗両替屋の看板に守られていました
だが、炭坑ではその看板が反発を喰らいました

あさは時に坑夫たちにたんかを切り、時に相撲を取り、一緒に汗を流して働きながら坑夫達の気持ちをつかみ信頼関係を築いて行ったのでした

あのヤマは・・・今風に言うたら、うちの青春だしたなぁ
あさが青春の思い出を残した炭坑は、日本の急速な工業化とともにますます繁盛しました

当時としてはだいぶ様子が変わったと言います
その場にいた皆が、時代の変化とこれからの日本の進む道について思いをめぐらしたのでした

スポンサードリンク