Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラマまとめ好き.com

白岡家の家族写真を史実と比較・新次郎の最後の贈り物とは?

朝ドラ「あさが来た」最終回週のあらすじとネタバレ・史実は普通ではありえないような家族写真が残っている加島屋・広岡家です、写真についてドラマと比較検証してみました

家族写真なのに従業員も入る白岡家
新次郎があさに木の贈り物をします
これが新次郎の最後の贈り物になるとは・・・

スポンサードリンク

白岡家に新しく家族が増えたのを記念して、写真屋が呼ばれました
庭で家族写真が撮影されました

あさと新次郎、多都子を抱いた千代と啓介
榮三郎とさち、さえ、正が加わった白岡家の写真です

さらに、遠慮する亀助、うめ、平十郎、藍之助などを引っ張ってきて皆の笑顔にシャッターが押されたのでした

実は史実でも家族写真が撮影され今も残っています
広岡信五郎さんが晩年に撮影されています

中央に信五郎と浅子が座り
信五郎の隣には娘婿の広岡恵三

恵三が次女の八重子を抱っこして、椅子の上には長女の多恵子が、その手をとるのが浅子の一人娘である亀子です
亀子はこの写真撮影の後にも子供が授かり、最終的には一男四女に恵まれるそうです

普通はこれが家族写真となるのでしょうが
なんと、一緒に撮影された人物がまだいます

なんとあさが今井の家から嫁入りの時に連れて来た腰元小藤です
小藤と信五郎の間に一男三女をもうけていたのでした
信五郎には唯一の男子が存在したのでした

娘達は極子に蔦子に秋子と言います
普通でしたら本妻たちと一緒に写真に収まるなんて事はありえないです

どうやら小藤たちは広岡家の一員だったと言えるのでしょうね
この写真撮影当時の広岡信五郎は病気のせいで体調が悪そうな様子です

スポンサードリンク

まるで今週の新次郎さんの砂時計を意味しているかのようです
一つ一つ心刻むように準備を整えているかのようです

しばらくして、新次郎は啓介に家督を譲りました
これまでは気の向くまま巾着袋を振り回して出掛けていましたが、60歳も半ばを過ぎた今、趣味や遊びに行くのを自粛するようになりました

啓介は加野銀行だけでなくて、淀川生命や加野商店の仕事にも勢力的に打ち込みました

おりしも日本は急速にロシアとの戦争に向けて動き始めています
これまでも日清戦争など戦いが絡むと生命保険業界は難しい判断を迫られる局面に遭遇してきました

今のうちから淀川生命は、どないな方針でいくかかんがえとかなあきまへんなぁ、しばらくの間、あさは考え事に集中していました

あさは休憩を取って白岡家の方に行くと、新次郎は縁側に座って庭を見ていました
あさに贈り物がありますのや

庭では植木職人の石川が植樹の準備をしていて亀助が手伝っています
あわ、わてらなぁ、夫婦になってじき40年になりますのやで、ほんでな、記念に木いでもうえとこか思てなぁ

新次郎の依頼で、石川は数種類の木を用意しており、あさの好きなものを選べるようになっています
うわぁ~どうれにしよう
あさは目移りしそうで、わくわくしながら庭に下りました

スポンサードリンク