Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラマまとめ好き.com

まさかの惣兵衛ロス・はつの喪失感が半端ない・夫婦愛が凄い

朝ドラ「あさが来た」史実では、はつが早逝するはずだったのに、来週新次郎さんが旅立つストーリーの為なのか、まさかの惣兵衛さんが死んでしまいました、初恋に一目惚れという秘話を残して・・・

新次郎の砂時計に気を取られている隙に
なんと惣兵衛の寿命がつきてしまいました
総兵衛と新次郎の男の裏話も聞けました
やはりはつと惣兵衛の夫婦愛が凄すぎて切なくて辛いです

スポンサードリンク

「惣兵衛が倒れた」藍之助が電報を見て和歌山に駆けつけました
ただいま

養之助が心配げに惣兵衛の枕元に座っています

藍之助良かった!間に合った

お父ちゃん僕やで返って北で

どうやら惣兵衛は風邪では無く肺の病だったようです
養之助が藍之助に説明します
節ちゃんも達夫ちゃんを抱きながら心配そうにしています

熱も続いてな
お医者さんがもう
お兄ちゃん呼んどけて

深刻な病状に驚き言葉が出ない藍之助でした

惣兵衛は相変わらず咳込んでいます
なすすべもなくはつさんが背中をさすって介抱しmす

咳をするために体力も奪われる惣兵衛
心配するはつの顔を見て

そないな顔せんといてぇなぁ

ん~ん~

笑てくれ

泣き笑いするはつ
思わず心に秘めていた言葉が口あら出てしまいます

どないしよう・・・

笑われしまへん
笑いたいのに・・・

笑たらちょっとは力になるか思うのに
うぇ~すすり泣くはつ

(今後)旦那様がいてへんようになったらうち
もう笑われしまへん・・・

しばらくは布団の中からはつの顔を眺めていた惣兵衛でしたが目を閉じ
ようよう弱いとこみせてくれましたがな
わし足しけてもろてばっかりやったさかいなぁ

走馬灯のように昔が蘇る

はつが賭博場に入り浸って2年ほど帰って来ない惣兵衛を迎えに来た時
貴方様を迎えに来たんだす

追ってくる賭博場のやくざから逃れるために必死で惣兵衛の手をとって逃げるはつ

惣兵衛が居ない間に生まれて大きくなった藍之助を抱きかかえているはつ
今更、ええ旦那様になろうやなんて思わんといてくなはれ

ええお父ちゃんになってください

ひげもじゃの惣兵衛は自分の居ない間に藍之助が生まれていて茫然とはつを見つめる

意識が遠ざかったり戻ったりするのでしょうか
惣兵衛は口を開けたまま目を閉じてう~ん・・・あああと唸ります

目を開けたかと思ったらはつに語りかけます
なぁ~ちょっとええか?

はつに起こしてもらい
今度は養之助と藍之助を呼びつけます

呼ばれて飛び上がり惣兵衛の枕元にむかいます

全員揃ったところで静かに惣兵衛が語りかけます
お前らに言いときたい事がある

わしな・・・

ええ人生やった・・・・

フフッフ
ええ人生やった・・・・ああ

切なそうな藍之助と養之助の顔

誰に愛想笑いして頭下げる事ものう

土の上に立って自分で耕して
みかん作って家建てて
子ぉ育てて・・・
こないな誇りあらへん

孫までいさしてもろて
有り難すぎて・・号泣する惣兵衛
おつり来るわ

はつの方を見る惣兵衛

なぁ、せやさかい
笑てくれ!

はつの手を握りしめて顔をみつめる惣兵衛

涙が止めどなく流れるはつ

無理に笑うはつ
その笑顔を見て嬉しそうに笑う惣兵衛

その夜はつは惣兵衛の好きな箏を演奏するのでした

スポンサードリンク

安らかな顔をした惣兵衛でした

惣兵衛の訃報の便りを見て新次郎とあさが和歌山の眉山家に駆けつけました
縁側で抜け殻のようになっているはつ

惣兵衛ロスがひどいはつ

惣兵衛さんがあの時からお姉ちゃんに一目惚れやった

初めておうてはつのお箏を聞いたあの日から
はつに一目惚れやった

あの時は笑わす事もできへんかった・・
今はなぁ
いまはな、ちょっと言うと直ぐ笑ったくれますから
こりゃあえらいノロケ聞いてしまいましたわ
新次郎が冗談で言っているのにそうやなぁってまともに返す惣兵衛
総兵衛と新次郎は大笑いするのでした

お姉ちゃんが笑て側にいててくれさえしたらもうな~んも要らんのやて
それを聞いたはつは号泣するのでした

笑ろて生きなあなんなぁ
そやけど苦しいなぁ
寂しいなぁ

今のはつの本音がそのままでていました

新次郎が先日、ぶらっと和歌山の眉山家へ訪れた時のエピソードをはつに話すあさでした

大好きなお茶を飲みながら
縁側に座って空を見上げる新次郎

天国へ向かって
惣兵衛さんそっちはどうです?
先に旅だった惣兵衛に語りかける新次郎でした

スポンサードリンク