Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラマまとめ好き.com

あさが惚れたナルさま(成澤泉)成瀬の長尻ってなあに?

朝ドラ「あさが来た」女性週間誌では成澤泉さんはあさの心の隙間を埋めた人物と名指しされていますが実際はどうなんでしょうか、本当に惚れちゃったの~??男のロマンに1億円のポケットネーを出したあさですが、貢いだって表現して欲しくない、実際には土倉庄三郎さんだって同じ1億円を出しているんですもん

正確には出資とか投資が正しいのではないかと思います
奈良の富豪である土倉庄三郎さんとお互いに当時のお金で5千円ずつ出資しています

女子大学設立運動の準備金にしてもし設立に失敗した時には二人で責任をとる事にして他の出資者に迷惑をかけないと宣言をしているのです
事業でいう保証人のようなものなのです

スポンサードリンク

ドラマでは時間の都合でカットされていますがこのおっちゃん(失礼)成瀬仁蔵さん一度女子教育の事を話しだしたら止まらない人物だったようです

必ず長談義になったとか、我を忘れて話し込んでしまうんだそうです
この女子教育を熱く語るところがあさのハートを射抜いてしまったようですね

成瀬仁蔵の書いた「女子教育」の本には
トキメイてしまったんですもの、でもよろめかなくて良かった・・・

この成瀬仁蔵さんは大昔の二宮金次郎よろしく歩きながら読書をして、現代のできるサラリーマンや加野屋の元の大番頭の雁助のように食事は素早く!
食べ物がて早く食べられる蕎麦(そば)かうどん

素早く移動したいのか自転車で真中を駆け回っていたそうです
小回りが効いて時短には持って来いですね

ついたあだなが「成瀬の長尻」「変わり者」
普通の女子だったら引いちゃいそうですね

スポンサードリンク


ところがこんな目標に向かってまっしぐらな所はホントあさ(広岡浅子)にそっくり
類は友を呼ぶというか・・・
一緒に行動を供にするようになるのでした

日本初の女子大創立に向けてかかる費用を試算してみたら30万円以上のお金がかかる事が判明
なんと現在でいう60億円相当らしいです

ん~女性週刊誌に書いてある金額って円高とかいろいろ含めて計算してあるのかしら?
それにしても高いなぁ

浅子はこうと思い込んだらまっしぐらの部分がありますが
普通は「意気投合」と書かれそうなのにこの二人の表現は「馬が合った」と恋愛にちょっと遠いニュアンスで表現されていますね

新次郎様一筋だけど頭はビジネスの事で一杯のあさ(広岡浅子)と男の夢一筋の成瀬仁蔵
ナルさまって誰?成澤泉の事モデルはなんと成瀬仁蔵は女子教育の父


ナルさまって誰?瀬戸康が演じる成澤泉役モデルはなんと日本女子大創設者


日本で初めての女子大学創立に向けて同じ夢に向かうパートナーとして息が合った(多分浅子に成瀬仁蔵が合わせるのでしょうが)といえるのではないでしょうか・・・

でも折角の朝ドラちょっぴりトキメキたいですね

スポンサードリンク