Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラマまとめ好き.com

ナルさまとあさ 女子に高学歴は要らないという風潮に喧嘩を売った?

朝ドラ「あさが来た」ドラマではあさと成澤泉が女子大設立に向けてまっしぐらですが、では大隈重信が後の早稲田大学を創立したのになぜ成瀬仁蔵と広岡浅子は女子大学を作る必要があったのか?それは早稲田大学や慶応大学などの私立大学が女子の入学を認めてなかった点にあるのです

高学歴の女子は幸せになれないなどのフレーズがその昔流行った事があったくらいです
明治の時代には女子が大学に行くなどという事が想定されていなかったのでしょう

スポンサードリンク

浅子と成瀬仁蔵はそういう風潮に喧嘩を売ったと言っても過言ではないでしょう
これまで私立でも女子の為の高等教育機関はありませんでした

大阪梅花女学校など私立の女学校はありましたが、現在の中学校や高校に当たる学校と成ります
もしくは私塾のようなものでした

大学といっても私立大学が法的に認められたのはなんと1919年(大正8年)に大学令がが施行されてからなのです

明治時代は大学は帝国大学だけだったのです
私立大学はほかの公立の医学校や農学校などと同じように専門学校と呼ばれていたのです

日本女子大学も出だしは専門学校として認可を受けました
大学と名乗ったのは先の事になるのですがここでは統一して大学と表記致します

スポンサードリンク


◆女子大設立に向けて
成瀬仁蔵が女子大設立に向けて相談したのは当時の大阪府知事の内海忠勝でした
内海忠勝は成瀬仁蔵と同郷だったのです

有能な方で各地で県知事を歴任していた人物だったのです
しかし、言われた言葉は・・・

無理だと思うが頑張りなさい
私学の大学を創立するという意義は認めて否定はしないけど、現実に創立するにはかけ離れているとの思いを伝

えられているのです
こんな事で諦めるナルさま(成瀬仁蔵)ではありません

今度は奈良県の富豪である土倉庄三郎に相談しました
ナルさまが校長をしていた大阪の梅花女学校に娘を6人通わせていました
女子教育に理解があったのです

なんと土倉庄三郎は資金の提供の約束をしてくれたのでした

そしてこの土倉庄三郎の紹介で浅子に会いに行った事になっています
土倉庄三郎さんの紹介だったので無下に断られなかったにしても最初は寄付金集めの胡散臭い人物だと思ってい

た浅子

成瀬仁蔵の教育論に賛同して全面的に協力することになったのでした
アメリカに3年留学して実際の教育現場を勉強している点
成瀬仁蔵が持って来た「女子教育」本読んでみると自分の胸のうちに思っていたことが書かれている事に感動し

て繰り返し3回も涙を流しながら「女子教育」をよんだと言われています

浅子はこれこそ私が少女時代からいつも頭から離れなかった我が国女子を哀れな境遇から救わんとの熱望をはた

さるべき光明であるかのように思えたのでした

スポンサードリンク