Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラマまとめ好き.com

あさが来た吉岡里帆の田村宜役モデルは?井上秀の生涯と年表

眼鏡娘【のぶちゃん】が人気急上昇中!千代と京都白川高等女学校で寄宿舎も同室だったのが運命に!あさに娘同然に愛されました、原作「小説 土佐堀川」では浅子は初対面で芯のっしっかりした娘だと思ったと記されています、その後は浅子を師と仰ぎその後は日本女子大初の女性校長になるのでした井上秀の生涯の年表を追加しました

本名 :吉岡 里帆・よしおか りほ
生年月日:1993年1月15日
出生地:京都府
身長 :158cm

職業 :女優
ジャンル:ドラマ・映画・CM
活動期間 :2016年から
配偶者:未婚

事務所 :エーチーム
特技:書道・アルトサックス
趣味:猫と遊ぶ事や新派観劇

スポンサードリンク

【CM】
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

【テレビドラマ】
2015年BeeTV眠れぬ真珠・福崎亜由美役
2015年EX警視庁捜査一課9係・第5話「嘘つき女殺人」・丸岡若菜役
2015年NHKドラマ10 美女と男子 ・朝倉かれん役

2015年WOWOW連続ドラマW 煙霞 -Gold Rush・妙役
2015年フジテレビ第2回ドラマ甲子園大賞作品「なんでやねん受験生」・滝沢朱音役
フジテレビTWO ドラマ・アニメ 「よろず屋ジョニー」・キャバ嬢 ミルキー役

NHK「あさが来た」ではあさの一人娘、千代の京都白川高等女学校の同級生の役を演じるのは吉岡里帆さん
吉岡里帆さんの実家が京都の太秦だったことから、幼い頃から演劇に親しみました
高校3年生の頃から養成所へ通うようになり、学生を主体とした自主映画の撮影等に参加していました

大学入学した後はつかこうへい作品などの古典と呼ばれる戯曲に打ち込んでいる同級生をみてカルチャーショックを受けました

2016年の秋より芸能事務所エーチームに所属し芸能活動を開始しました
2014年には公式ブログを開設し7月には週間プレイボーイに初めてグラビアに挑戦する

猫好きで5匹の猫にしく助・クリリン・ソーヤ・チーズ・ヒナなど名前を付けている

スポンサードリンク

今回の吉岡里帆さんの役どころはあさと新次郎の娘と同じ学校へ通い仲良くなった千代の実家へ遊びに行き、あさと運命の出会いをします

朝ドラ「あさが来た」あさの娘千代は成長して京都にある京都白川高等女学校へ入学します
この学校は寄宿舎で、偶然に同室になったのが田村宜でした

田村宜は、ちょっと変わった女の子?巴御前ごあさが憧れの人なんです
新聞や噂で聞く女実業家の白岡あささんが大好きで同室の千代に嬉しそうに話をして間違った噂を鵜呑みにしている、自分で見聞きしたものを信じた方が良いと言われたのでした

まさか同室の千代(ちよ)が加野屋の白岡あさの娘だなんて思いもしなかったのです
千代と田村宜は大の仲良しに発展します

千代に誘われて大阪の白岡家へ遊びに行ってそこでなんとあさと出会います

憧れのあさに会えた田村宜は有頂天
あさも目が住んでいて清涼感に溢れた娘、初対面でもう田村宜の事を芯のしっかりした娘だと見ぬくのでした

聡明な田村宜をあさは気にいるのでした
↓二人の出会いは最悪、寄宿者で同室なのに話が咬み合わないの
巴御前だとあさ先生を崇める田村宜に間違いを正す千代
↓あさにやっとまともにあえて放った言葉がまた奮ってるのです
僥倖の極みとあさを拝む田村宜ことのぶちゃんは僕っ娘なの?
↓眼鏡女子とぼくっ娘で人気急上昇中です
のぶちゃんは千代と寄宿舎で同室のちょいオタク系キャラです
才能あふれる田村宜に出会ったあさは田村宜がもっと勉強したいと漏らしたのを聞いて若き日の自分と重ね合わせていました

田村宜の為に両親に手紙を書いて白岡家で勉強するように勧め、白岡家に居候することになります
田村宜は勉強に励んですっかり白岡家に溶け込みました

あさが九州の炭鉱へ行く時には同行もするほど探究心と行動力あふれる素質をもった女性です
そしてなんと田村宜はあさの導きで紹介されたあさの創設した女子大学へ第1期生として入学するのでした

その後はアメリカにも留学して、母校の女子大の教授となり初の卒業生校長として名前を残す事となります

田村宜はあさの女子教育にかけた情熱を次の世代への橋渡しをして確実に受け継ぐのでした

モデルとなった井上秀さんは1875年明治8年に兵庫県氷上郡(ひかみぐん)現在の丹波市に産まれました
広岡浅子の娘である亀子と京都白川高等女学校で同級生で寄宿舎でも同じ部屋だったため、井上秀は浅子をしと仰ぎ日本女子大の一期生になりました
亀子との縁で浅子と行動を供にした日本女子大創立の年に26歳になっていました

すでに結婚して長女も誕生していたのでした
それでも日本女子大に入学して、卒業してから欧米へ留学しました
その後日本女子大学の教授に成ります
家政学者・教育家として、成瀬仁蔵とともに家政学という学問の確立に務めたのでした

井上秀(いのうえひで)年表
明治8年(1875年)生まれ
明治23年京都白川高等女学校(現在の京都府立鴨沂(おうき)高校)に入学して広岡亀子と仲良くなる
明治30年広岡亀子の母である浅子と出会い勉強への思いを抱くことになる
明治34年日本女子大に入学、家政学部第1期生になる
明治41年アメリカへ留学する
明治43年日本女子大家政学部教授へ
大正11年日本婦人平和協会理事長に就任しました
昭和6年日本女子大4代目校長(日本女子大初の女性校長)に就任する
昭和和38年88歳で亡くなりました

スポンサードリンク