Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラマまとめ好き.com

あさが来た はつがもらった和歌山県の土地はどこ?大きさと価値は?

「あさが来た」ドラマでチラっと映った証文から、惣兵衛が下見した土地の広さと値段を少し検証してみました

どうやら証文から推測すると現在の和歌山県でみかんの産地の有田市のようです

今井の母がくれた証文の中身は
地券之證
紀伊國 有田郡 上田村 字和久井 第百参拾壱番

持主 山城國京都近衛町 今井忠興(はつの父親の名前と住所)
代償 参拾六圓拾貳銭五厘(36円12銭5厘(りん))

mikan あさが来た はつがもらった和歌山県の土地はどこ?大きさと価値は?

スポンサードリンク

土地の広さ一反は坪数に換算すると
1反は300坪
1坪は役3.3㎡(畳2枚分)

ちなみに1銭は1円の1/10
1厘は1円1/1000
分かりやすく1杯のかけそばの値段に換算してみました
明治4年頃 1杯のかけそばが5厘だったそうです
現在一番安い、かけそばで280円ほどですと

5厘は1円の1/200(今のお金で約56円)なので昔の5厘のかけそばが200杯食べられます

そこから計算してみますと

明治の1円は56円✕1000=56000円
この証文には36円12銭5厘とありますので

ざっと見積もって
36円は2016000円
12銭は6720円
5厘は280円
合わせると約2023000円
約2百2万円の価値になります

明治のこの頃にしたら大きな金額なんでしょうね

mikan あさが来た はつがもらった和歌山県の土地はどこ?大きさと価値は?

おおよそ30坪あるとまあまあ普通の一軒家が建てられます
駐車場も1台分は取れるでしょう(庭は無理です)

マンションだと30坪もあるとゆったり4LDK(リビング20畳)になります
1反が300坪だと小さな家が10軒建つ計算です

農家ですと土地は広い方が良いとは思いますが
みかん農家ですとこの土地の広さで充分なのかどうかはわかりません

ただ、自分の家を建てて、野菜を作って自分の家の分はまかなえるのではないでしょうか

マンション住まいなどで土地を持っていない私達からすると羨ましい話ですね

スポンサードリンク