Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラマまとめ好き.com

あさが来た 三味線の先生美和と対決・都のさめいいますもんのや きょうざめ

あさが雨男は美味しそうな名前と返すとみやこの鮫いいますもんや興冷めと返される

あさが店の外に出ると、夜道に小雨が降ってる
薄くらい中を小走りに嬉しそうに行く新次郎を見失わないようにあさはひたひたと後いをつけていきました

新次郎は一軒の家の前に立った、出迎えたのは新次郎と同じ年頃の美しい女性で、二人は親しげに言葉を交わして家の中に消えた

これが三味線の師匠の美和とはあさはまだ知らない
なんてことや
あさはしばし愕然としていたが気を土地直すと深呼吸をして肝を据えて大きく戸を開けた

たのもう

スポンサードリンク

家の中には数人の男女が集まっていて、一斉にあさの方を見た、酒や肴が供されているところからすると何かの会が開かれているのかも知れない
美和が歩み寄ってきました

近付くにつれ妖艶な美しさが際立ちます
あさは尻込みしそうになる気持ちにそっと活を入れた

は初めまして、わたし加野屋のあさと申す者、うちの旦那様がここに・・・
シーーーっ!とさっきの美しい女が静かにと促す

えええっ?
何やら三味線の音が鳴り響く・・

美和が前方を目で指した
台座がしつらえてあり新次郎が三味線を抱えて座っている、べべンっと新次郎が三味線をかき鳴らしあさは一瞬にしてその音色が引き込まれました

演奏に集中している新次郎はこれまであさが見たこともない凛々しい顔をしている
集まっている人達も新次郎の三味線に魅了されている
美和があさの耳元で囁いた
供は新次郎はんのお三味線のお披露目会だすのや

新次郎は謡、茶、絵など多趣味だが三味線の素質は群を抜いているとか
家ではお父はん(正吉)は三味線が嫌いなため、新次郎は美和の家に毎晩通って稽古に励んで
きたのだという

申し遅れました、うち、新次郎はんにお三味線を教えさしてもろてます美和と申します

美和がはんなりと手をついた
演奏が終わって何やら玄関を見た新次郎が驚きの声を出す
あさちゃん!
なんでこないなとこにいてますのや?演奏を終えた新次郎がそこにいるはずのあさを見て面食らっている

そらこっちが聴きたい事だす
あさはわだかまりが解けずいぶん気持ちがすっきりした

怒られるのはこっちの方やな・・・
そうだす!
こないなりっぱなご趣味隠したはるやなんて
怒られるとばかり思っていた新次郎は意外なあさの言葉に驚く

三味はおじいちゃんが隠居の楽しみでやってましたけど
こないなお三味線聞くのは初めてだす
びっくりぽんだす

びっくりぽんはわての方や!若い娘が晩に一人で
あさが夜道を一人で来たとっしると新次郎もびっくりぽんになる
帰り道は二人一緒です

外はまだ雨に降っていて、新次郎がしかけた傘にあさ身を寄せて入った
そやけど、旦那さんがどこへ行かはんのか心配で

まさかあない綺麗なお人のとこ行ってはったやなんて
ん??何や? やきもちか?

そんなんやあらしまへん・・そやけど・・・
あ~あ~又旦那様に上手いことごまかされてしもうた気する

はっごまかすてわてそないな器用な男やあらへんで
ほれ!、見てみぃ~わて大事な事や楽しみな事がある日ぃには
必ず雨が降りますのや

みんなに雨男言われてな
美味しそうな名前だすなぁ

でなんやったんや?さっこ家で話がある言うてましたやろ
あっそうやった、お店のだすけど
しっぽりとした雰囲気が壊れてのはあさが加野屋の今後について相談しようとしたときだった

なんや店の事か、それやったらええわ
新次郎は跡継ぎ、榮三郎の後見人だというのに全く仕事に感心を示さない

スポンサードリンク

えええ?それやったらええって何でどす?
加野屋は立派なお店だす、旦那さまも分家やいうたかて
あの家の息子跡取りの後見人しかももういい大人や

三味線はあんなに凛々しく弾かはるのにお店のことだけフラフラ逃げはるのはおかしい
どんな訳かわかりませんけど、もうちょっとしっかりしはったらどないだすやろか?

あさのもどかしさが一気に噴き出しその勢いに新次郎が気圧されている

あ・・・・言い過ぎてしもた・・・かんにん・・また言い過ぎてしもた
あさが口をつまみ新次郎が苦笑いする
三味線三昧でなんで家に帰らなかった事に文句を言われるのならわかるけど
まさか店のことで怒られるなんてなぁ

寝所で手鏡をしげしげと見ながらb
綺麗なお師匠さんやったなぁ、男のはみんなあないなおなごはんが好きなんやろか?

あさにふとの上で向き合ったかに見えたが
布団に入り
お休みと寝てしまう

おやすみなさい
とあさも自分の布団に入って新次郎の方を向いて寝る

そんな時、母梨江の手紙を思い出す
「風変わり父新たな風にのり」
旦那様

んんんん?
 
新たな風ゆうたらどないな意味やと思いはります?

このご時世で新たな風ゆうたら
薩長の新政府の事やろか?
戦が有るいう噂もあるし
新政府??戦・・あさが尋ねる
新政府とは徳川幕府の戦や
新政府いうのは・・・と言いかけて

床ではこないな話あらへんで
では床ではどなんな話をしたらよろしいのだす?
どないて・・・
参りましたなぁ

艶っぽい話やろか?
あんなあ艶っぽいはなしいうのはなあ
さあ艶っぽいはなししまようか?いうてするもんでおまへんで

都のさめいいますもんのや
都の鮫(きょうのさめ)
そうどすや
きょうざめ興冷め)言いますのんや
そうだすか
すんまへん
はははは・・・
あさは、まだまだ子供なのでしょうか?

スポンサードリンク