Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラマまとめ好き.com

まれ小原マキ役の中川翔子さん漫画コスプレ好きで連ドラ初出演です

謎の女まきちゃんはしょこたんの愛称で知られていますNHK紅白歌合戦にも出たことがあります

中川翔子:なかがわしょうこ
出身地:東京都中野区出身
生年月日:1985年5月5日生まれ
年齢:30歳
身長:157センチ
スリーサイズ:84・58・84
足のサイズ:23セインチ

スポンサードリンク

祖父の中川勝夫「しょこたん」の父親代わりを
父親の中川勝彦:ニュージッシャン・俳優(2009年死去)翔子が9歳の時に白血病により死去
祖父の中川勝夫が翔子の父親が忙しかった事や若くして急逝した事から翔子の父親代わりとして接していた
そのため「パピィ」という愛称で親しまれていました

エッセイ本では戦隊ショーへの同伴や翔子の絵を描く才能を支援するなどの愛情を惜しみなく注いでいる、翔子の人生に大きな影響を与えた人物として紹介されています
母親・中川桂子・夫のなくして母子家庭になり水商売で生計を立てる
翔子を育てた店ではLiLiCoも若い頃働いていました

母親は翔子のブログにも頻繁に登場してコスプレをしてライブに足を運んでくれたりテレビにVTRとして出演する事がある
尚、料理を基本的にしない為に翔子がどうしても弁当を必要とした時には惣菜屋やこんびにで弁当を購入し容器を入れ替え手持たせてくれたとか

中学生の頃にはオタクといる理由でいじめを受けた事も、学校へいくのが辛くてひきこもりになり卒業式にも欠席しました
動物:撮影中でも捨て猫を拾ってしまうほど猫が好き
2012年7月の時点で10匹の猫と暮らしていました、それぞれの猫に名前をつけている

趣味:漫画が大好きでその延長で大のコスプレ好きとして知られています
2007年「世界コスプレサミット」に政界コスプレ親善大使を務め外務省を表敬訪問しています
ゲームも大好きで幼い事にプレイしていたファミコンソフトを収集している

特技:漫画とイラストが特技です
父親の影響を受けた楳図かずおを崇拝して本気で漫画家を目指していました

利き手は左手で座右の銘は「貪欲」です
漫画などに関する知識が深く特に昔の特撮である1980年代のアイドルソングやレトロゲームなどにとても詳しい
大槻ケンヂと対談をした時にこれは父の影響ですと言っています

父親の中川勝彦は、その昔当時5歳だった翔子に「これを読まないと大人になれない」と言って「ゲゲゲの鬼太郎」と楳図かずおの「赤んぼ少女」をいきなり全巻買って押し付けた父親です
デビューの時から年齢はずっと16歳ヶ月と称して永遠の16歳を自称していましたが2011年以降は自分の年齢をテレビゲームで使われるレベルで表現するようになった

2014年には誕生日にレベル29にあがりましたと報告された

●経歴:しょこたんの愛称で知られるタレントです2004年11月に開始したブログ「しょこたん☆ぶろぐ」で人気爆発

2006年に歌手デビューする、他には声優やイラストレーター、漫画家、女優など多方面で活動する
2001年ポポロガールオーデションでグランプリを受賞する

16歳歳の誕生日の記念に母親の中川桂子とジャッキー・チェンが経営する香港のレストレンに行く
その時にジャッキー・チェンに出会い感動して泣いているとジャッキー・チェンが「大丈夫?」と声をかけてくれたそうです

これがきっかけとなりジャッキー・チェン事務所日本支部に所属するようになる
2002年にはみす週刊少年マガジン2002に選ばれる、ところが同じ年にジャッキー・チェン日本支部が閉鎖される事になり香港まで契約解除の書類を書きに行く事に

その後はワタナベエンターテインメントへ移籍する
2004年の11月より始めた「しょこたん☆ぶろぐ」はゴマブッックスより同じ名前の本をして出版されています
●芸歴:2007年6月3rdシングル「空色ディズ」をリリースしてオリコン週間シングルチャートにて初登場3位を記録して累計役7万枚売り上げる
その年の大晦日には、「第58回NHK紅白歌合戦」に初出場を果たす
日本にでの2代検索シトyahoojapanとGoogleにおいて2007年度の検索ランキング・著名人部門で1位に輝く
2008年5月から全国5都市6会場にて全10公演、自分で初の全国ツアーを開催しました
2009年オリジナルブランドのmmmtsを立ち上げています
香港でのアニメイベント「香港動漫節2009」に出演して初の香港ライブを行いました
2010年には3月3日発売の少女漫画雑誌「なかよし」2010年4月号で原明日美作画の「中川翔子物語~空色ディズ」の連載が開始されました同じ年の6月3日発売の2010年7月号まで連載される
テレビ、CM出演の他に声優としても活躍している

スポンサードリンク

小原マキの略歴
3年前に能登に来たエスティシャン
「サロン・はる」で働くネイリストでもある
誰も小原マキちゃんの過去を知らない、本当は歌手になりたいという夢をもっていました、親の反対を押し切って上京しましたがうまく行かず能登に

その昔の事ですが東京に憧れるのは一子の気持ちがよく解ります、東京に行きたいと憧れる一子と小原マキちゃんを重ね合わせて一子にアドバイスをする事もあります、謎が多い小原マキさんですが恋人が迎えに来た途端に仕事を放り出すほどの恋愛史上主義者の一面もあります

男の趣味はいまいちで長続きしないのがたまにキズです

本格的の連続ドラマに出演するのは「まれ」が初めてである
「まれ」に出演するにあたり、本格的にお芝居をするのは人生初めてで始まる前は足を引っ張らないかと不安だったそうです

どころが撮影がすすんで毎日が楽しくてしょうがないそうです
普段はひとりでゲームをしたり絵を飽きていたりするのが好きで人見知りな翔子ちゃん

仲間とワイワイやりながら撮影を楽しんでいます
撮影が終わるのが寂しいくらいになりました

演じるのが謎の女という設定の小原マキというのがすごく面白いと感じたとか
中川翔子さん自身が何をするかわからない人だとよく言われるそうでその「わからない感」を活かしたいですね

ハルさん達と楽しく騒いでいたかと思うと急に標準語になって小原マキの少し暗い過去を語り出すシーンが・・・
そのスイッチの切り替え方をいろいろ試してみたいと考えるそうです

小原マキの過去の全貌は「まれ」の撮影の最初の時点では知らされていないそうですがどうやら上京して東京で変な男に騙されてしまった事は事実のようですね
マキちゃんにはキット男を見る目が無かったんでしょうね

だからこそ東京へ行きたがる一子ちゃんの事が心配で洋一郎にアドバイスをしたりしたんでしょうね
親に言えない事を相談してもらえいるような立場でいられたらいいな
まだ最後がどうなるのか知らされていませんが、過去も含めて謎の女、小原マキちゃんにも幸せになってもらいたいですね

スポンサードリンク