Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラマまとめ好き.com

高志が心配のあまり?藍子さんを抱きしめる!叶わん恋でもかまわない

まれも気になる!憧れの人たかしがそれほどあいこさんを想っているなんて・・・

最初は横浜の大悟の事を聞き出していたかと思うと
とうとう本題に入った高志

希は大丈夫なんけ?
高志が不意に何を言い出すのかと思えば
いきなりなので何が大丈夫なのか

お父さん

ああお父さんの事が大丈夫なのか?なのね、みのりに通訳してもらわんと解らんげん
しょうがないさけ
出てってしもうたもんは

スポンサードリンク

あの~他の家族の人は?本命の事を聞き出したい高志
んっ??
他の家族って誰の事??やっぱ解らん高志の言葉って・・苦手や

あの~
高志の顔がやばい・・藍子さんを誰って表現しようマジやばい
おばちゃんとか

おばちゃん??なんで高志が気にするのよ・・・わけ解らん
お母さんは相当ショックやったと思うわ

お父さんがやっと立ち直って~これからちゅう時やったし、今度こそおとうさんと一緒に生きて行かれるって喜んどった矢先に

やっぱりかぁ~藍子さんショックだろうなぁ
ああああなんとかしてあげたい~

励ましてあげたい~
高志の酷い顔ったら

希のお母さん藍子さんの事を根堀り葉堀り聞き出し決意した高志
ここで事務所から収録の為に明日東京へ帰って来てとメールが入る

何かを決心したような高志の顔
素直に失踪していた事を謝って明日帰りますと返信する

時間が無い焦る高志は塗師屋を出る時圭太におもいっきりぶつかったが、一礼して先を急ぐ、圭太がいくら高志!と呼び止めても・・・振り返らない
今まで気にも止めなかった高志に何か悩み?があるのでは?と感じとっている・・

桶作ではクシャクシャにした離婚届けを広げて考え込んでいると、桶作に無言電話
はい桶作です・・・
もしもし・・・
あれ?無言電話

聞こえてますか?
聞こえてますか?桶作ですけど・・・
無言電話

徹さんだと思い込んだ藍子さん
徹さん?
徹さんでしょ?

今どこ?輪島の駅?
ねえ返事してよ!

必死な藍子さん
今から行くから待ってて!ね!
絶対待っててよ!ね!

念押しする藍子さん
最初から最後まで無言の電話でした

徹さんだと確信して
財布を探してかばんに入れ
いざ!輪島駅へと急ぐ藍子さん

スポンサードリンク

そこへ慌てて桶作家へ飛んで来た高志
ごめんおばちゃん今急いどって
あっ

あん?
ごめんさっき・・・
携帯電話を手にしていたのを見て

無言電話は高志だったと悟った藍子さん
今の高志くんけ?

ごめんなさい・・・驚かして
こっちこそ私や勘違いしたからびっくりして来てくれたんたんね
ごめんいぇ

違うとばかりに首を振る高志
何か用事やった?
高志の思いつめた雰囲気を何とかしようと藍子さん

お茶でも飲んでいって
と明るく振る舞いお茶を取りにいこうとして何かに足を取られて倒れそうになる・・と!その瞬間高志に助けられるかのように

思わず藍子さんを抱きしめてしまう高志
抱きしめたままなかなか離さない高志
藍子さんは心配してくれたんだと思うことにして

高志くん?
長い沈黙のあと
ごめんいぇ

心配してくれて電話くれたんやね
おばちゃん大丈夫やさけ
と声をかける

でもでも
高志は心配だけじゃない
高志の気持ちはもう止められない・・・
おばちゃんなんかじゃない

希のお母さんでもいい
藍子さんは高志にとって大切な一人の女性なんだ

もう感情を抑え切れない高志
藍子さんを夢中で抱きしめてしまう

好きな人藍子さんにはいつも笑顔でいて欲しい
藍子さんこれ以上落ち込まないで

やっと自分のしでかした事の重大さに気がついた高志
我に返りひたすら謝る
ご・ごめんなさい
と言って逃げるように行ってしまう高志

たかし心配で励ましただけなら謝る事ないはず
解かっていたけど口に出さまい
胸にしまおうと想う藍子でした

その瞬間をなんと
久美さんに見られてしもうた・・・
みのりのお母さんもショック
あわわわ・・・・・・∑(゚д゚lll)ガーン

一子が高志と入れ違いに帰郷する

圭太が心配して高志に電話するが
電話に出ても喋らないたかし・・・

ああ高志どうするの
この後大騒ぎになるよきっと・・・・
だって見られちゃったもん

スポンサードリンク

あれだけシャイでピュアな高志が大胆行動に出るなんて
希がもし知ったら・・・今は考えないでおこう
キスもしそうな勢いだったので見ててもうハラハラドキドキしました

でも今まで高志は自分の胸の内に藍子さんへの気持ちをしまっていたんですね、かなわん相手・・・・かあ「涙のふたり」の2番目の歌詞が頭の中でリフレインしている
高志の熱い想いが詰まった「涙のふたり」2番目の歌詞はこちらへ