Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラマまとめ好き.com

まれの弟役の一徹である葉山奨之の特技と髪型

まれの1歳違いの弟津村一徹は寺田みのりと結婚して堅実に結婚生活を送っている

まれの1歳年下とは思えないくらい大人というかおませというか一徹を演じているのは葉山奨之(はやましょうの)さんです

1995年生まれ
出身・大阪府
2011年どらま「鈴木先生」でデビュー
ドラマ「なぞの転校生」「Nのために」映画「渇き。」「あしたになれば。」
舞台・狂人なおもて往生をとぐ~昔、僕達は愛した~」などに出演
NHKでの出演は大河ドラマ「八重の桜」「軍師官兵衛」「東京が戦場になった日」「実験掲示トトリ2」など

スポンサードリンク

「まれ」ではヒロインまれの1歳違いの弟役をしています
外浦村に移住してからは直ぐに友達を作り能登の方言をいち早く習得して適応力がずば抜けています
頭脳明晰で高校に入学してからは野球部を甲子園に導くべくしてすぐれた分析力で戦略を練ブレーンとして活躍しています

いつもは冷静で大人しいのですが6年振りに徹が帰ってきた時には本気で怒る一面もありました
父親を反面教師にしているまれと違うのがなぜか父親と同じくギャンブル好きなところ
ディトレードに興味を持ち高校卒業後には進学も就職もせずにディトレードで生計を立てる決意をする以外な一面がある

・葉山奨之さんから見る一徹は
津村家の中では一番のしっかり者です
姉である「希」にも「頑張れよ」となぜか上から目線です
時には姉である希にヒントにつながるような一言を言ってみたりする頭の良い子なのです
父親である徹ちゃんとは全然性格が違いますが賭け事が好きなのだけは父親である徹ちゃん譲りで本人もその点だけは心配しているようです

葉山奨之さんは徹役の大泉洋さんの髪型に似せるようにしてパーマをかけて収録に望みましたがこれには本人の大泉洋さんも驚かれたそうです

ロケ先である石川県能登では撮影の合間をみては大泉洋さんや母親役の常盤貴子さんとドライブをしました

本当の家族のように過ごせて楽しかった当振り返ります
希役の土屋太鳳さんに対しては毎回撮影の度に全力投球なのでとても刺激を受けるそうです

ここで面白いのがどうやら大泉洋さんの細かい芝居やアドリブに笑いそうになるのをこらえる事があるという事です
土屋太鳳さんと二人で「絶対笑わない!」と勝負をするほどです、津村家の家族を楽しんでいますね

自由な姉と力持ちで強い母親とその母に謝ってばかりいるダメ父親の父親
そうは言っても一徹はココの中では徹を父親として頼りにしているのだと思います
一徹が大人に成長していく過程でシナオリオを読んで話の展開に驚いたそうです、ドラマの展開が楽しみです

年齢が近いキャストの寺岡みのりさんや渡辺大知さん高畑裕太さん清水富美加さん門脇麦さん土屋太鳳さん達は「まれ」を通じて約さながら中になったそうです

その中で葉山奨之さんを
語るシーンがありましたが葉山君は最初から人見知りをしない上に壁が無いと評判です
門脇麦さんからは「天才!そこだけは尊敬してる!」と言われてそこだけ?!」と訝しがられています

スポンサードリンク