Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラマまとめ好き.com

まれメインロケ地とやぐら!田中泯さん地元住人に間違えられる

グルメ情報・桶作の間垣にある「田中屋旅館」

スポンサードリンク

漁港で採れた海の歳が並ぶ夕食はまんで美味しそう
刺し身、めかぶホイル焼き、メバル塩焼き、いしるんべとやさしい味のごちそうをあじわえます、飲食店や駐車場のない町にある唯一の宿です
ご主人から撮影秘話が聞けるかも

琴ヶ浜海岸から車を走らせて約20分くらいで、まれのドラマと同じ間垣で覆われた集落が見えて来ます
まれのメインロケ地の大沢町です
「ようこそ間垣の里へそとら村」とドラマで使われた外浦村役場の壁画も目に飛び込んできてまれのドラマに
タイムスリップしたかのようです

外浦村役場は取り壊しが決まっていた実在の元商店の壁に絵を直接描いたり、レンガ部分や入り口部分を付け足し村役場の外観として撮影しました
大きな絵には汚しを施し長、風雨にされた印象をぷらすしています

ロケ地の村の特徴は「間垣(まがき)」です長さ約5メートルほどの細い竹(ニガ竹)を隙間なく並べ海から吹き付ける強い風から建物を守っています

何もなかった空き地がある日まれのメインのロケ場所に変身しました
子ども時代のまれ達が集まる子ども広場や「やぐら」を制作されています
「子どもひろが」となづけた場所に建てられたやぐらは村のシンボル的存在です
ここでは数々の印象的なシーンが撮影されています
漁港は地元の漁師さんの協力の元、実際の漁の時と同じように日除けなどを設置してあります

まれ達gあ寄り添える場所を作る為に、やぐらを組んであります
紺谷圭太がまれに八つ当たりしたり、仲直りしたりするシーンもここで撮影しました

さらにはここでは見る事ができませんが、実はスタジオでも精密なセットを組み能登の雰囲気や空気感を見事に再現しています
漁港ではまれの登った「やぐら」を発見できますが近寄って見ると以外に大きいので登りたくても足場が無くて登れないのが非常に残念です

大沢村のボランティアガイド山田祥子さんはなんと桶作家のモデルとなった「民宿桶作」の家主です
人口が181人の町全体でロケに強力して炊き出しも5~6回もしたそうです

「まれちゃん(土屋太鳳)は葉っぱのごまあえを3杯おかわりしました」元治さんはお祭りの後に大吟醸を差し入れてくれました
休憩中はこの公民館の和室で良くお昼寝をしていました」

「田中屋民宿」のご主人田中輝夫さんは間垣立てを指導シてくださいました
「田中泯さんを。地元の人と勘違いしちゃって(笑)祭りは村中の人がエキストラで出演しました」

田中さんの奥様の典子さんは冬のロケで常盤貴子さんと握手したそうです
「お母さんの手、温かいと喜んでくれました、大泉洋さんは『北海道出身なのでこの雪じゃ驚きません』と言われたそうです楽しそうに思い出して笑ってくれました
町が家族のように温かいのもドラマと同じで感激ですね!

スポンサードリンク